KRone(クローネ)
KRone(クローネ)

*

お知らせ:株式会社リザッカは株式会社KRoneと事業の統合をいたしました。

年間1,000点を超えるデザイン制作実績

株式会社リザッカ(現 株式会社KRone)は、デザイン会社として長く運営していますが、大手広告代理店様/ハウスエージェンシー様などのお取引が中心だったため公開できる実績がほとんどございません。

過去お受けした仕事は美容・サロン・飲食・法務関係・ゲーム・IT関連・イベント・セミナー・学習塾などあらゆる業種を経験しています。※もちろん他業種も対応してきました。

「個人様・法人様」問わず、幅広くデザイン制作いたします。

主なデザイン制作物のご案内

パンフレット・会社案内

≫ 詳細はこちら ≪
チラシ・ポスター

≫ 詳細はこちら ≪
キャラクター・イラスト

≫ 詳細はこちら ≪
似顔絵/ウェルカムボード

≫ 詳細はこちら ≪
名刺・ショップカード

≫ 詳細はこちら ≪
ロゴマーク

≫ 詳細はこちら ≪
ポストカード・DM

≫ 詳細はこちら ≪
メニュー表制作

≫ 詳細はこちら ≪
ホームページ制作

≫ 詳細はこちら ≪

反響のあるデザイン・イラストの作成ならお気軽にお問い合わせください。メールでのお問い合わせはこちら

印刷会社や広告代理店ではなくデザイン会社が選ばれる理由

デザイナーが所属する会社は大きく分けて3つあります。

  1. 印刷会社
  2. 広告代理店
  3. デザイン会社・デザイン事務所

この中で私たち株式会社KRoneが所属する領域は「デザイン会社」です。
この場を持って各会社の仕事領域について簡単にご説明させていただきます。

印刷会社の仕事って?

印刷会社の主な仕事内容は、「印刷」です。

大きくカテゴライズすると印刷会社は「製造業」にあたります。分かりやすく説明すると、大きなプリンターを使って印刷物を刷るのが仕事です。効率的に印刷するためにはもちろん家庭用のインクジェットプリンターを使っていては事業として成り立ちませんので専用の印刷機を使って効率的に印刷をする事を生業(なりわい)としています。

どれだけ奇麗に/高速で印刷できるかが印刷屋さんの仕事です。
印刷会社の仕事の価格を決める大きな要因はインク(インキ)と用紙をどれだけ安く仕入れることができるかにかかっています。
新興の印刷会社が安く印刷できる理由は、このインクと用紙を仕入れるルートが既存の印刷会社と違うからです。

詳しくは印刷会社各社のノウハウになるので述べることができませんが、品質が同じであれば安く印刷できる会社が勝つ業界と言えます。※ただし、大日本印刷や凸版印刷などの超巨大企業はすでに印刷事業よりもエレクトロニクス関連事業のほうが売上比率が高くなっている模様。

私たちデザイナーは印刷会社では、お客様から印刷のお仕事をいただくための一部です。デザインの質よりも印刷の品質のほうが求められるため、デザイン会社よりもクオリティーは若干落ちるのが通例です。

広告代理店の仕事って?

広告代理店の主な仕事は、「広報」です。

大きくカテゴライズすると広告代理店は「広告業」にあたります。分かりやすく説明すると、サービスや製品等を広くユーザーに伝えるのが仕事です。お店の前に立ってメガホンで宣伝するのとテレビCMで宣伝するのではユーザーに伝えると言う面から言うと効率が断然違います。効率的に事業を行うために、テレビCMの枠をまとめて購入して企業に販売したり、雑誌やラジオの枠を購入して販売したりするのも仕事です。

主な収益は、継続して収入の上がる広告枠を企業など資金力のある所に販売することです。
広告代理店のお仕事の単価を決める大きな要因はユーザーへのリーチ数です。正確な意味は違いますが、業界用語ではGRPなどと呼ばれたりすることもあります。仮に視聴率100%のテレビ番組があれば、広告枠は非常に高くなり、視聴率が0%の枠は0円でも売ることはできないでしょう。

露出の大きな枠を手にできる広告代理店は販売価格が高くなり、露出の小さな枠しか手にすることができない広告代理店は販売価格が低くなります。どれだけ露出の多い媒体を扱えるかが広告代理店にとっての生命線です。

私たちデザイナーは広告代理店では、大きな広告代理店であれば芸術性を求められる仕事です。なぜなら、広告の販売価格が非常に高いため、芸術的な作品に仕上げなければお客様に納得していただけないからです。

逆に、小さな広告代理店ではよりやすい価格を求められます。その理由は単純に販売価格が安く、数をこなすことでしか利益を出すことができないため、品質ではなく、いかに安いデザイナーを使うかが勝負になっています。

デザイン会社の仕事って?

そして最後にデザイン会社です。デザイン会社の仕事は、「デザイン」です。

大きくカテゴライズするとデザイン会社は「サービス業(他に分類されないもの)」にあたります。日本の標準産業分類ではサービス業のさらに「他に分類されないもの」と言う微妙な存在です。サービス業なので飲食業と同じかな?と思いきや、飲食業や小売業は他に分類されますので、非常に小さなマーケットと言うことになります。

私たちデザイナーの仕事を分かりやすく説明すると、商品や広告物の見た目を整えてユーザーの方に理解してもらいやすくするのが仕事です。商品(企業であれば)の魅力を的確に顧客に伝えるためのデザインを制作します。

また、デザイン事務所からデザイン会社になるとデザインだけで商品の良さを伝える限界を感じ、必要であればコピーライターやカメラマンなどの専門家とタッグを組んで、より魅力的に伝えるための仕組み化を行っています。そのため、小さなデザイン事務所と比較すると専門性の高い仕事をこなすことができる組織と言えます。

主な収益はデザインの制作によるもので、ざっくり言えば面積あたりいくら・・・というのが収益につながります。例えば、名刺よりもチラシの方が高くなりますし、チラシよりもポスターの方が高くなります。これは、単純にデザインする面積が増えることで作業時間が増えるためです。

魅力的なデザインを提供しています

私たちはお客様からご依頼された制作物を”より魅力的に仕上げる”ことを仕事としています。良い商品、良いサービスなのに売れない・・・なんて事のないよう、ぜひ当社をご利用ください。

反響のあるデザイン・イラストの作成ならお気軽にお問い合わせください。メールでのお問い合わせはこちら

クローネ – 納期相談OK/安心価格宣言のデザイン制作会社@名古屋
↑↑
PAGE
TOP